MNP(ナンバーポータビリティ)の手順

今の電話番号そのままで他社に乗り換えることができるのが、携帯電話番号ポータビリティ(以下、MNP)というサービスです。「他社に乗り換えるとスマホの電話番号が変わってしまうから、友達に連絡するのが面倒だな…」と思ってませんか?いくつかの手順が必要ですが、クジラモバイルへ乗り換えたとしても、引き続き同じ電話番号を使えることは大きなメリットです。

STEP 1:移行前の通信事業者からMNP予約番号を取得する

まず、移行前の通信事業者でMNP予約番号を取得します。これは、キャリア(docomo、au、Softbank)であれば予約番号を発行してくれる専用電話窓口があります。キャリアを解約してMNPする場合は、キャリア側に必ずMNPで乗り換えることを伝え、予約番号を発行してもらいましょう。格安SIMなどであれば、会員サイトにアクセスして予約番号を発行し、数日経ってから再度会員サイトにアクセスし、予約番号を確認します。

※MNP予約番号を取得したら、有効期限が15日しかないのですぐクジラモバイルの登録をしてください。

STEP 2:移行先の「クジラモバイルD(Dコース)」への登録

MNPができるのは「クジラモバイルD」docomo回線コースだけです。こちらより登録してDコースを選択してください。(もしくはご紹介者様から招待リンクをもらってください。)

予約番号の有効期限、契約者情報に注意

注意したいのは、MNP予約番号には有効期限があります。さらに申し込み先の通信事業者によっては、有効期限が13日以上残っているものに限り、申し込み受付が可能です。有効期限が残り少なくなっている場合は受付ができませんので、あまり早めに予約番号を取得しないようにしましょう。移行前の契約者情報と移行先の契約者情報が同じでなければMNPはできません。同じ番号を家族(の契約)に引き継ぐことなどはできないので、注意しましょう。

STEP 3:MNP情報をクジラモバイル宛に入力してください

こちらよりMNP情報を入力してください。

MNPの切り替え申し込みは受付時間にも注意

MNPの切り替え手続きをした当日から新しい通信事業者でのSIM(スマホ)を使いたい場合は、MNPの受付時間に注意が必要です。受付時間の注意点については、こちらの記事を参考にしてください。MNPの切り替え申し込みは受付時間に注意!

MNPで乗り換えがスムーズに

MNPを利用すれば、新しい電話番号を再度家族や友人に知らせる手間が省けます。電話番号が変わってしまうことを懸念して、他社への乗り換えを検討できなかった人にとっては、とても便利なサービスですね。乗り換えのタイミングによっては、既存の通信事業者の契約解除料を始め、MNPの転出手数料・転入手数料などがそれぞれ発生しますが、月々の料金が安くなるため、手数料を払ってでも乗り換えるメリットがあります。

STEP 4:ショートメールによる通知

2日後くらいにSMS(ショートメール)が届きます。(手続きは、SIMが届くまでしないでください)

SMS文面

【1通目】
MNP転入の手続きが完了いたしました。 SIMカード受け取り後、以下URLにアクセスしてSIMカード記載の15桁の英数字と電話番号を入力してSIM切替を実施ください。

【2通目】
https://mnpswitch.aclink-oem.com/XXXXXXXX
※xxxxxxxxには対象回線のMNP予約番号が表示されます

STEP 5:SIMの到着

5日後くらいにSIMが届きます。

STEP 6:SIMの切り替え

2通目のSMS(ショートメール)からSIMの切替をします。

SMSの2通目のURLをクリックしてください。
https://mnpswitch.aclink-oem.com/XXXXXXXX
※xxxxxxxxには対象回線のMNP予約番号が表示されます

正常に処理が完了した場合、転入先SIMが利用可能となります。

注意事項

  • 切替サイトへのアクセスは、使用中のSIMからに限らずどの端末からもアクセス可能です。SIM受取が完了した後にSMS経由で届いた切替サイトを利用して下さい。
  • 切替処理の受付は24時間可能ですが、実際に切替処理が開始されるのは9:00~20:00までとなっております。時間外に受付された切替処理に関しては翌9:00より順次実行されます。
  • 切替処理がエラー終了した場合、サイト上で開通センターへの案内を表示致します。
STEP 7:アクセスポイント(APN)の設定

下記ページを参考にアクセスポイント(APN)の設定をして下さい。

STEP 8:動作確認

通話、データ通信、テザリングなどのテストを行ってください。